合わせて読みたいおすすめ記事

ゴミ

リサイクルショップで買取不可能なものを知ろう

リサイクルショップは、法律で取り扱いが禁止されているものは、買取してもらえません。そのほかには、リサイクルマークのついていないパソコンなども買取不可能です。外国から個人輸入した化粧品などは、微妙なので気になる方は無料査定してもらいましょう。

READ MORE

不用品回収業者で気を付けるポイント

no.1

1.いらないものを回収してもらえるか

基本的なことですが、業者を家に呼んでからこれは回収できないと言われてしまうことは少なくありません。大型のタンスなどは、特に拒否されやすいです。あらかじめ回収可能か確認してから利用するようにしましょう。トラブルになることを防げます。

no.2

2.料金が曖昧じゃない

初めに料金を出さないであいまいにしておき、すべての積み込みが終わった段階で高い料金を請求する業者がいます。そういった被害にあわないために、初めから料金を提示してくれる業者を利用しましょう。定額パックがある業者はわかりやすく追加費用が発生しません。

no.3

3.資格の有無

一般産業廃棄物収集運搬業という資格を持っている業者は、不法投棄などを行う心配がないと国から認められています。なので自分がお金を出して処分を依頼したものをきっちり処分してくれます。逆に資格を持っていない業者は国から認められていないので利用は避けた方がいいでしょう。

no.4

4.都合に合わせてくれるか

不用品回収業者は依頼したその日に来てくれることが多いです。なので急ぎの場合は、すぐに来てくれる業者を利用しましょう。業者によっては、対応できないこともあるので気を付けましょう。川崎や京都、大阪、奈良にはたくさん不用品回収業者があるのですぐに利用することが出来るでしょう。ただ焦って利用すると料金の確認を忘れてしまいがちなので、よく確認しましょう。

no.5

5.賠償責任保険への加入

これは必ず必要というわけではありませんが、オプションとしてあると安心です。作業中に住宅を傷つけてしまった場合、保険に加入しているとてきおうされます。不用品回収業者もプロなので、あまり傷をつけることはありません。ですが万が一のことを考えるとあった方がいいでしょう。

不用品回収業者利用の流れ

メールか電話での問い合わせ

利用しようと考えている業者のホームぺージにあるメールフォームか電話で問い合わせをします。電話の場合は、利用する日にちや、見積もりをおこないます。メールの場合は、まず回収してもらいたいものや、住所、氏名、電話番号などの基本情報を入力して送ります。

無料見積もり

見積もりは基本的に無料です。電話の場合は、折り返して見積もり金額を提示します。メールの場合は、業者が確認してから1時間以内には返信されるでしょう。見積もりで出された金額に満足することが出来なかったら、交渉したり利用を拒否することが出来ます。

回収作業

料金に納得して依頼することが決まったら、利用する日にちを決めます。その日のうちに利用する場合は、なるべく午前中のうちに問い合わせましょう。業者が回収にきたら、後は回収するものの場所を教えるだけです。作業員は基本的に2名で回収にきますが、不用品が多い時はもっと増えます。1~2時間程度で作業は終わるでしょう。

料金支払い

全ての作業が終了したら、初めに出されていた見積もりの金額を支払います。作業中に追加で不用品の回収などを依頼した場合は、料金が少し上がります。作業員に直接手渡しで支払うことも可能です。現金支払いに抵抗がある方は、カード払いなどを利用しましょう。

回収した不用品を処分

回収した不用品は、法律により処分方法が決められています。法律に従って処分を行いますが、まだ使えそうなものは、中古品として利用されることもあります。不用品買取業者でも、利用価値のあるものには、買取金額を出すことがあります。

不用品回収業者を利用する時は、無料という言葉に騙されるな!

作業員

トラブルに巻き込まれる

不用品回収業者をめぐるトラブルは、年々増えています。無料で回収するという宣伝をトラックで流しながら走っているのを止めて洗濯機を回収してもらったら4000円請求されたという事例があります。無料と言う言葉に騙されず、少量でも必ず見積もりを取ってもらうようにしましょう。またトラックでお客さんを探している業者は、個人で行っていることもあるので、なるべく利用しない方がいいでしょう。

少量でも利用可能

不用品回収業者を利用するためには、たくさん回収してもらう必要があると思っている方がいます。ですが、不用品回収業者はひとつからでも回収に対応しています。タンスをひとつ回収してほしい時でも回収してくれます。料金的には、一度に大量の不用品を引き取ってもらった方がお得ですが、そこまで大きな差はないのでいらないものがある時はすぐに利用しましょう。

広告募集中